ガン治療で活かされる

チーム医療の中でも代表的な分野に、ガン治療があります。従来のガン治療は、一人のガン専門医がそれぞれの患者を担当する事が一般的でしたが、医療技術の細分化と各医療分野のエキスパートの活躍の場が広まってきていることもあり、組織的な治療が提供できるようになってきています。

ガン治療分野のチーム医療では、医師と看護師に加え、緩和ケアチームやリハビリを担当するチーム、栄養管理のチームなどが結成され、各患者のケアを担当する事が一般的です。緩和ケアのチームは、心理カウンセラーや精神腫瘍医などが患者の精神面のサポートを行い、小さな子供に対してケアを提供する場合には、保育士など教育関連の資格保有者も加わりガンの治療を組織的に行っていきます。又、リハビリを担当する理学療法士や作業療法士は、栄養管理士などとも協力して患者の回復状態を確認しながら身体能力の回復に努めます。リハビリでは、患者が自立した生活が行えるようにすることが目的とされますが、ガンが原因で精神障害を来たしている場合や後遺症として言語障害などが残ってしまっている場合にも対応し、社会生活が支障なく送れるようにリハビリが行われます。

これら複数の専門的なケアが相互的に作用し、がん患者の回復を促すと共に、心身ともに負担を解消できる理想的な治療方法をとっていきます。こういったことから、ガンのチーム医療は従来のガン治療よりもあらゆる面で効果的な治療となってきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です